■インターンシップ研修で地元高校生を受け入れ(2008 7/22〜7/23)
 今年も、地元南伊勢高等学校より生徒二名が、実習にきてくれました。農園での農業実習と、土実樹直売店での接客実習という内容でしたが、2日間の実習期間を終えての感想と、頑張った様子を、研修生が以下に作成しました。
1日目 
 一日目は、伊勢神宮にカヤをもらいに行きました。普通は入ってはいけないところに入れたのでなんだか得をした気分になりました。行きと帰りにに三十分づつ、カヤの積み込みにも三十分くらいかかりました。カヤが予想以上に重かったので大変でした。特に湿っていたりしたカヤは持つのにも苦労しました。紐がほどけているものや紐がちぎれてしまったものもあったのでバラバラになってしまって結びなおすのが大変でした。トラックの高さくらい積み込んでロープで縛りました。万力の縛りで結んだのでかなりきつく縛っていました。縛るのは力がすごく必要だったので疲れました。運んでいる途中でカヤが傾いてきたので落ちてしまうのではないかとヒヤヒヤしました。服もかなり汚れてすごかったです。曇りだったので少し蒸し暑かったです。朝と昼にそれぞれ二往復づつもらいに行きました。車に乗っている時間が多かったので眠くなったりしました。従業員の人も気軽に声を掛けてくれたのでやりやすかったです。アイスやジュースを買ってくれたりしたのでとても嬉しかったです。終わったときには疲れきっていました。最後の帰りにサンドイッチとお茶をもらいました。疲れていたのでかなりおいしかったです
2日目 
 二日目も朝から伊勢神宮にカヤをもらいに行きました。昨日と違って今日は晴れていたのでとても暑かったです。汗が滝のように流れ落ちました。一日目にたくさん運んだので、結んであるカヤを探すのに苦労しました。途中で休憩をしながら作業をしたので、ダウンせずにできました。また帰りにジュースを買ってもらったので嬉しかったです。昼にシャワーを使わせてもらってスッキリしました。たくさん汗をかいて汚れたのでとても気持ちよかったです。昼からは室内での作業でした。箱の組み立てと商品へのシール貼りや詰め込み、パンフレットの袋入れをしました。箱の組み立ては、固くてやりにくかったけどしばらくしたら慣れてきて速くできるようになりました。商品のシール貼りと袋詰めはかなり楽しく出来ました。パンフレットの作業は袋に入れるのは楽でしたが、それをテープで留める作業はとてもしんどかったです。中の作業ではこの作業が一番疲れました。休憩にコーヒーの差し入れをもらったのでやる気が出てきました。クーラーがきいていたのでとても快適に作業できました。

 
 この二日間は外の仕事も中の仕事も疲れたけどとても充実した二日間でした。
インターンシップを受け入れてくださった土実樹さんありがとうございました。