南伊勢町の別荘地住人スコールによる南伊勢町紹介。その11  釣りのメッカ

釣りするなら南伊勢町

南伊勢町は海岸線がリアス式で、荒波の外海(磯釣り)も楽しめるし、湾内の釣り堀も楽しめるし、 初心者から上級までいろんな釣りの楽しみ方ができます。

私のパソコン仲間さんのおひとりが釣りの餌屋さん、「釣りえさのサニー園」のオーナー、ヤマカツさんで (今は閉店されています。)、 魚について二人で湾内の魚を調べたり、いろいろと情報集めをしてきました。「ネット水族館」参照。
以前、ヤマカツさんに、「ヤマカツさん、どこで何が釣れるか、釣り場の地図作りましょうか?」と提案したことがありましたが、 色々お互い多忙で作成せずに終わってしまいました。
今後、ヤマカツさんから飴と鞭作戦で情報を聞き出し、南伊勢町の釣り場地図を作製できればと思っています。

取り急ぎ、最新の釣り場情報を、紹介しておきたいと思います。

伊勢新聞の記事
【度会郡】三重県南伊勢町迫間浦に24日、駐車場から徒歩で行ける海上釣り堀「フィッシングパーク佐助屋」がオープンする。
三浦司代表(52)は「家族連れに来てもらえるような施設にしていきたい。お客さんに釣りを楽しんでもらえれば」と意欲を見せている。
三重外湾漁協が経営していた「マリンパークくまの灘」が今年3月末に閉鎖。地元でタイ養殖を営む三浦代表が施設を借り受けた。 釣り堀は縦120メートル、横60メートルの浮体式の構造物「メガフロート」を活用。五ケ所湾を仕切って桟橋とメガフロートから釣りが楽しめる。三浦代表らが養殖したタイを中心にハマチ、シマアジ、ハタマス、アジ、ソイなどを放流する。今後はバーベキューコーナーを設け、イベントなども実施する予定。
営業時間は、日の出―午後0時半と同1時半―日没の2部制(要予約)。利用料金は男性8千円、女性6千円、小学生3千円。堤防釣りは1500円。貸しざおと仕掛け(1500円)も30人分用意し、餌も販売。うろこと内臓の下処理も有料で行う。
オープン記念として5月31日まで、利用者に後日使用できる割引券を配布する。問い合わせは佐助屋=電話0599(64)2525=へ。
南伊勢町 海上釣り堀、24日オープン フィッシングパーク佐助屋




HOME
更新日 2018年04月26日
創刊日 2018年04月26日