全面表示します。戻るときはツールバーの←。 地区のマップ表示に戻します。
中津浜浦のサイン

【 郵便番号 516−0108 】
【 市外局番 0599(66) 】


【歴史】
鎌倉時代ここは伊勢神宮の荘園があり、ナマコ・ミルなど海産物を奉納していた。また、江戸時代から漁業権を持ち捕鯨も行っていた。
【産業】
古くから漁業が盛んな地区で現在は真珠養殖、ノリ養殖が行われている。またここには日本が世界に誇る水産試験場がある。 この施設は、全国の水産養殖に関する研究機関の中心で魚介類の増養殖に関する基礎研究を行っている。 中津浜浦は、日本列島のほぼ中央に位置し、古くから各種の養殖漁業が行われていること、外洋の海水が手に入れやすいことなどの立地条件をクリア、昭和59年に完成した。

【避寒筏】真珠母貝のお引っ越し

熊野灘に開く五ヶ所湾は年間を通して水が温かく、晩秋から春にかけては英虞湾などから避寒に運ばれてきた真珠筏が波静かな入り江入り江にかすり模様を描きます。

【浜のひじき干し】

田植えの済んだ5月、湾央の中津浜浦では3月下旬に刈り採った『新ひじき』の加工が行われます。大きな釜で半日蒸し浜に広げて天日干し。渚の夏の光景です。遙か向こうに七日島、茶臼島・杉島など五ヶ所湾の美しい小島や入江を望み、降り注ぐ春の陽光を浴びながら、浜一面に広げられたひじき。春の訪れを告げる海からの贈り物への人々の素朴な思いが伝わってきます。
中津浜のひじきといえば、知る人ぞ知る上物のひじき。他所のものに比べとても柔らかく美味しいと評判です。その秘密を伺いに中津浜の西組さんをお訪ねしました。
3月の初め、潮のよく引く頃が採り時。海に入ってカマで刈るのは女の仕事、刈り取られて島(岩)の上に揚げられたひじきを運ぶのは男の仕事。「荷揚げ場へむいて、ほらんならんやろ、男手がなけにゃ、とても。叱られて、追い倒されて、勘定合わん。」とは、西井保二さん。
1日そのままで浜で干して、その後水洗い。これがなかなか大変な仕事で、大きな桶に水を張り、揉むようにして塩を落とします。「こんな手間暇掛けとんの、だーれも知らんやろのう。」
洗ったひじきは1日置いて水を切ると、今度は蒸らす作業。直径1メートルもある大釜に水を張り、その上に大樽のような濾し器を乗せて、ひじきを入れる。もうもうと蒸気を上げながら蒸すこと4時間、オキを残して一晩置きます。『まだ若いひじきを採り、そして充分に蒸す。』、これが中津浜ひじきの美味しさの秘訣だそうです。翌朝、浜に茣蓙を敷き、蒸したひじきを並べて一日天日干し。ようやく乾燥ひじきが出来上がります。
ひとりでは出来ない大仕事、だから皆で協力しあって組になって仕上げます。
「昔の人は偉かったなあ、よう考えたある。若い子らに伝えていかなあかん。美味しいひじき食べたいもんなあ。」

【水産庁養殖研究所】http://www.nria.affrc.go.jp/index-j.shtml

五ヶ所湾の真ん中に突き出した中津半島の中程、緑に囲まれてライトブラウンの建物が3・4棟。遊覧船からも眺められるのは国立の養殖研究所です。 水産動植物の増養殖を試験研究する機関としては世界一の施設と国際レベルのスタッフをそろえ昭和五十八年九月に開所されました。五.三万平方メートルの敷地内には、共同実験棟、水温制御実験棟、飼育実験棟などの研究施設に加え国内外から訪れる研修者の宿泊施設もあります。

【志摩ヨットハーバー】 66-0933 マスト並ぶ美しい入江


 サニーロードの終点、マルゴみかん撰果場前から中津半島に折れると、車なら5分ほどで波静かな入江に面した志摩ヨットハーバーに着きます。
 小高い丘の斜面に洒落た建物が5、6つ。オーナーズマンション、レストラン、ビィラ、クラブハウス、ハーバー前の広場には春の開村式でお馴染みのバーベキューハウスもあります。
 ここは、会員以外でも海のスポーツが楽しめる宿。春から秋の週末には、ヨット教室やウインドサーフィン教室が開かれています。もちろん、宿泊するだけでもOK。
 「冬でも、クルーザーで湾内遊覧なら楽しめますよ。それに1月中旬から3月にかけてはご希望があれば真珠の採取も体験していただけます。」いい珠がでたら旅の記念になりそう。ゲスト用の宿泊棟には3、4人用の洋室のほか和室もあり、「どの部屋からも美しい入江が見降ろせます。」食事はレストラン『はまぼう』で、海の幸がたっぷり味わえる純和風の会席料理コースなど。「5月から10月は、夕暮れの入江を見ながらのバーベキューが好評を頂いています。」
 また毎年元旦には、熊野灘へ約3時間の『初日の出クルージング』も催されています。

元旦の奇習 『あさおとこ』

元旦の朝早く、男の子たちが親戚の家々を廻って、「ものもー、どーれ」と声を掛合ってお菓子やお米を貰う『あさおとこ』と呼ばれる変った風習があります。