全面表示します。戻るときはツールバーの←。 地区のマップ表示に戻します。
神津佐のサイン

【 郵便番号 516−0104 】
【 市外局番 0599(66) 】


【歴史】
室町時代には、ここで製塩が行われていた。また江戸時代(1653)には、耕地灌漑用水として市原池が作られ、当時、田5町歩が潤ったとされるが、現在は埋め立てられている。
【産業】
農業を中心として、林業と漁業がうまく組み合わさった地区。


【天然温泉】

隣町磯部町との町境に近年良質の温泉が発見された。特別な設備はない物の基盤整備は済み、訪れる人には温泉を分けて戴けるそうです。

【灯籠流しの夏夜景】

近年、環境問題で廃止になった五ヶ所浦の夏の風物詩、天王祭の灯籠流しがこの地神津佐(こんさ)で再現されています。幻想的な灯籠の光は色とりどりの絵や文字を波面に映し出します。流れる光は大橋を越え、やがて五ヶ所湾へ。  
【写真は五ヶ所浦の灯籠流しです】