◆冬の歳時記


12月1日
神祭
迫間浦−迫間神社

12月7日
山の神祭
斎田−斎田川上流の神橋

1月2日
凧揚げ大会
内瀬−川向井地区

1月2日
八幡祭
迫間浦−迫間神社

1月8日
八日薬師
礫浦−礫浦薬師

1月11日
八幡さん
船越−稲荷神社

1月15日
稲荷祭
礫浦−稲荷神社

1月15日
御獅子祭
切原−保育園広場

切原のシシモサン。白いシデで飾られた獅子に頭を噛んで貰うと悪魔を追い払えるという。「田植え」は、舅・小姑・孕み嫁の格好をした三人の男性が農事の型を伝える田遊び舞う。
旧1月15日頃
御獅子祭
船越・斎田

江戸時代の初期より続いている神事は、早朝に始まり深夜まで丸一日続けられます。(船越)
獅子頭は桃山時代の名作といわれ、宮係りと呼ばれる十数名の人達が羽織袴で取り仕切ります。(斎田)
2月11日
祈年祭
伊勢路−穂原神社

2月11日
不動山
船越−浅間山

2月下旬
八幡神社弓引神事
五ヶ所浦−石切神社

五ヶ所浦の春の祭は愛洲城跡下の八幡社で執り行われる『弓引き神事』(二月中〜下旬)猿田彦神の赤いお面をつけた祓い主が、「家内安全、悪魔退散、五穀豊穣、神門繁栄・・」と、八つの祓い詞を唱えて的を浄め、裃姿の八名がそれぞれ二本の破魔矢を射って厄除けを祈願します。
3月3日
獅子舞
伊勢路−公民館

3月第4日曜
鬼ヶ城祭
押渕−押渕白滝権現

戻る