便失禁

  近年、尿失禁についてはテレビで放送されていたり尿失禁専用の下着の販売などがされています。実は尿失禁と同じで、便失禁も加齢とともに起こる頻度は高くなっていきます。

 しかし、便失禁については悩んでいる方の多さに反し、まだまだ知られていることが少ないのが現状です。
 
 便失禁はガスが漏れるものから、便汁や粘液が漏れて知らない間に下着が汚れる程度から、軟便や固形便まで漏れてしまうものまでさまざまあります。

症状



タイプ別の原因

便失禁の原因はさまざまなタイプがあり、一般的に以下のように分類されます

腹圧性便失禁
 咳やくしゃみで
漏れる


原因
 加齢による肛門括約筋の衰え
 事故や手術、出産による肛門括約筋の損傷

当院では直腸内圧検査で診断が行えます

切迫性便失禁
 下痢で漏れる



原因
 腸蠕動の過亢進
(胃腸風邪や食中毒による下痢)






溢流性便失禁
 便意がない

=いつの間にか漏れている

原因
 便秘による便の貯留
 神経や脊椎の損傷






機能性便失禁
便意はあるがトイレに行けない
排泄動作が間に合わない

原因
 認知症の場合、排泄行為全般に障害が見られる
 運動障害がある






排便が定期的にあっても自覚のない残便があると、それが少しづつ漏れてきたり
ふとした拍子にもれてしまう便失禁もあります

直腸肛門内圧検査

細い圧センサーを直腸・肛門内に入れて測定します 左側を下にして寝た状態で、以下の項目を測定します
  1. 力を入れないときの圧
  2. 力を入れた時の圧
  3. 力の入る肛門の長さ
対象となるのは、便が漏れる人・肛門のしまりが悪い気がする人などです
検査は15分程度で終わりますし、痛みもありません
結果もすぐに出ますので、気になる方は医師もしくはスタッフに声をかけてください



治療

一番大切なことは、便をきちんと出すことが大切です.
食事の改善や運動、薬を利用して腸内環境を整えることが必要です



便失禁は原因が色々あり、対処方法もさまざまです。
悩んでいる方や、原因を知りたい方は一度医師に相談されることをお勧めします。

肛門疾患

痔について
痔の種類
痔の治療
痔以外の病気と治療
肛門掻痒症
便秘症
便失禁







診療時間


女性外来・完全予約制
休診日 日・祝日・第1水曜

携帯用HP




畑肛門医院
〒516-0072
三重県伊勢市宮後1-8-7
Tel:0596-28-2260
院長  畑 嘉高