痔疾患の治療

「お尻を他人に見せるなんてイヤだ!」「手術をして失敗してお尻がゆるくなったらどうしよう」「痔だって人に知られたくない」
 そんな声を耳にすることがあります。
 そのため、一般市販薬を使ったり放置したりする人もいらっしゃいます。
 
 しかし、患部は見えない場所。
 なかなか正しい治療ができません。そのため、症状がひどくなってから駆け込んで来られる患者さんもいらっしゃいます。また、痔だと思っていたら別の病気だったこともあります。

 痔の治療法は、その症状によって薬で症状をコントロールする保存療法と、手術をしてしまう外科的療法があります。ひどくなったからすぐ手術というわけでもないので、気になる方は一度診察を受けられることをお勧めします。
 ただし、痔瘻(あな痔)は、基本的に保存療法ではなく外科的療法が必要となります。

 痔核の場合、大体2割程度の方が手術対象となる症状をお持ちですが、ただちに手術というほどでもない方は薬で様子を見ることも可能です。自分のお尻を知り、上手に付き合いましょう。


セルフメディケーション

 一度できてしまった痔は、消えてしまうことはありません。それ以上ひどくならないように生活習慣を改善し、なるべくストレスなく過ごすことが必要となってきます。

 日常生活を改善することは、痔のためにも良いですが、何より他の生活習慣病の予防にもなります。
 痔についての痔の原因を読み、少しづつご自分の生活を見直していってみてください



疾患別の治療

痔核(いぼ痔)・裂肛(切れ痔)・痔瘻(あな痔)の治療法については、それぞれ該当のページをご覧ください。

あなたの痔にはどんな治療法があるのか、どのくらいかかるのかについてまとめています。

肛門疾患

痔について
痔の種類
痔の治療
痔核(いぼ痔)
裂肛(切れ痔)
痔瘻(あな痔)
痔以外の病気と治療









診療時間


女性外来・完全予約制
休診日 日・祝日・第1水曜

携帯用HP




畑肛門医院
〒516-0072
三重県伊勢市宮後1-8-7
Tel:0596-28-2260
院長  畑 嘉高